メイド喫茶はぼったくり?料金はどうなってるの?

インターネットでメイド喫茶に関する記事やコラムを見ていると、メイド喫茶はぼったくりだ!という言葉をときたま目にします。

実際に働いていて、「ぼったくりだ!金返せ!」なんていうクレームを頂いたことはありませんでしたが、この件について私なりの考えを書きたいと思います。

まず、ドリンクの料金ですが

一般的なソフトドリンク類であれば500円前後で価格設定がされているところが多いのではないでしょうか。通常のレストランやカフェでもドリンク一杯はこれくらいの料金が普通ですし、飲食店の料金設定としては問題はなさそうですよね。

そしてこれ以上の価格で設定されているドリンクもあります。高いドリンクは1200円くらいするものもあります。

アルコールありなしも関わってきますが、700~800円くらいするドリンク、または1200円くらいする高いドリンクは、大体がコンセプトや特典があるものです。メイドさんのプリクラがついていたりとか、メイドさんがその場でトッピングをしてくれるものだったり。その分の料金と考えればこれくらいで妥当に思えます。

そしてお料理。

名物のらくがきオムライスやハンバーグや、パフェやパンケーキなどのスイーツもあります。これらは大体が1000円~2000円くらいの価格でおさまる感じですね。結構こじんまりとしたつくりものが多いので、まあ、量的なことを思うと「この量でこのお値段…?」と思う方もいるかもしれません。

でもそこは、メイドさんのらくがきや、呪文など、メイド喫茶ならではのサービスにぜひ価値を見出してもらいたいです。

問題なのはお料理やドリンク以外の料金ですね。

たとえば、メイドさんの指名料や、時間ごとの料金を請求されるようなところは、「メイド喫茶…??」と疑問符が立ちます。そんな妙なお店には要注意です。メイド喫茶は基本的には飲食店なので、指名制度もなければ指名料もありませんし、○時間○○円~などの料金体系もありません。

また、お料理以外のサービスとして、2ショットチェキやゲームなどで料金が設定されているお店もたくさんありますが、あらかじめメニュー表を出して説明のうえ、お客さんが希望した場合はそれに応じるのがメイド喫茶の基本です。

お客さんが知らないうちに合計金額がどんどん上がっていってしまい、お会計時に法外な料金を請求された…なんてことはメイド喫茶では絶対にありえません。もちろん、支払えなければお店の奥から怖い人が出てきて…なんてことも絶対にないです(笑)。

一応、知らない店には気をつけてください

ただ、メイド喫茶のようなかたちで営業をして、お客さんにありえない料金を請求する…そんな心無いお店はまったくないとは正直言えません。

なので、最初のうちは騙されないためにも、有名で安心できるお店に行くとか、口コミをよく見てから行くなど……注意を払っておくのに越したことはないですよね。

どうしても仲良くなりたいメイドさんがいる場合のみタップしてください

人気記事

  1. メイドさんと仲良くなる上で絶対に気を使ってほしいこと
  2. 意外とメイドさんが喜ぶ一言とは
  3. メイド喫茶はぼったくり?料金はどうなってるの?
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ